So-net無料ブログ作成
カエルの王女さま 最終回 第11話 ブログトップ

カエルの王女さま 最終回 第11話 [カエルの王女さま 最終回 第11話]

カエルの王女さま 引き続きご覧になってますか?
視聴率は、第10話も 8.8%と殆ど変化無く一桁台が続いてますね^^;

ドラマも今回でいよいよ最終回です!
音楽堂を観客で埋め尽くし、取り壊しを阻止出来るんでしょうか!
お見逃し無く!

次回、6月21日放送分・第11話(最終回)のあらすじと視聴率の推移を
紹介してますので後半をご覧下さい!


『カエルの王女さま ふりふりストラップ/女の子』





☆【視聴率の推移】☆

  第 1話: 9.0%
  第 2話:10.7%
  第 3話: 9.7%
  第 4話: 9.0%
  第 5話: 9.1%
  第 6話: 9.2%
  第 7話: 7.4%
  第 8話: 8.4%
  第 9話: 8.5%
  第10話: 8.8%



【あらすじ】

6月21日放送分(第11話)

澪(天海祐希)が清忠(岸部一徳)から
音楽堂でのコンサートの了解を得た矢先、工事の重機が入る。

現場監督によると、工事が明後日に早まったという。

哲郎(小泉孝太郎)が調べると、ゴミ処理施設に関わる業者が、
安見市市長の三男が経営する「安見重建」の関連会社に変わっていた。

清忠は、音楽堂を観客で埋め尽くし、未来への可能性を見せてほしいと澪に語り、
不正を暴こうとする。

一方、澪はコンサートを明後日に開くと決める。


『カエルの王女さま公式パンフレット シャンソンズラストコンサートin由芽市立音楽堂』




http://www.fujitv.co.jp/princessofthefrog/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
カエルの王女さま 最終回 第11話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。