So-net無料ブログ作成
ATARU 最終回 第11話 ブログトップ

ATARU 最終回 第11話 [ATARU 最終回 第11話]

ATARU 引き続き観てますか^^
視聴率は、第10話が13.5%とガクンと落としましたね^^;

最終回を前に数字が落ちるのは何なんでしょうかね??
10話通しても数字が激しく変化してるのは・・・?

このドラマもいよいよ最終回です!
最後にどんな結末になるのか超楽しみです!
お見逃し無く!

次回、6月24日放送分・第11話【最終回】のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい!


『「ATARU」オリジナル・サウンドトラック』




☆【視聴率の推移】☆

  第 1話:19.9%
  第 2話:16.9%
  第 3話:10.9%
  第 4話:13.8%
  第 5話:14.5%
  第 6話:17.4%
  第 7話:13.5%
  第 8話:14.7%
  第 9話:17.1%
  第10話:13.5%



【あらすじ】

6月24日放送分(第11話)

舞子(栗山千明)は、15年前に母親の真理子(奥貫薫)が交通事故で亡くなり、
自殺とされた件について、沢(北村一輝)が関わっていたと知る。

沢は、新人時代に真理子が死んだ現場に居合わせたが、
捜査が不十分と感じていたにもかかわらず、
上司の意向で事件を‘捨て山’にしたことを悔やんでいたのだ。

さらに舞子は、父親の達夫(利重剛)が真理子の死に関係しているのではないかと、
沢が疑っていることを知りショックを受ける。

すると、2人の会話を聞いていたアタル(中居正広)が、ある言葉を口にする。


『ATARU OFFICIAL BOOK』





http://www.tbs.co.jp/ATARU/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ATARU 最終回 第11話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。